Flatto

地方と都会の行動格差をフラットにする
ログイン無料会員登録
×
著名人インタビュー
【就活】ビリギャルの現在の生活と慶應での大学生活について本人に聞いてみた!
著名人
動画はこちら

しゅん

どうもしゅんです!こんにちは!

しゅん

今回はビリギャルのモデルとなったさやかさんとお話しさせていただきます!

しゅん

よろしくお願いします!

さやかさん

よろしくお願いします!

卒業後の進路について

しゅん

さやかさんは慶応卒業後ブライダル関係の会社に就職されたっていう事なんですけど

しゅん

どういう大学生活を送ってそういう業界選びをしてお仕事に就いたんですか?

さやかさん

高校の時に先生がね、「君はいっつも人の事ばっかり喋ってるって気づいてる?」ってある日言われてね。

さやかさん

「君みたいな人は人の事が大好きだから、なるべく人との出会いを大切に、で、必ず人との出会いが君の大きな人生の転機になるはずだ」って言われたの。

さやかさん

だから、サークルも2つくらい入ってたし、大学1年生からインターンして東京ガールズコレクションの裏方ちょっと手伝わしてもらったりとか、

さやかさん

とにかくいろんな所にフットワーク軽く行くようにしてた。

しゅん

なるほど。で、そこから人と関わるお仕事がしたいという事になってブライダル関係のお仕事が一番じゃないかと考えたんですね。

さやかさん

うん。あのね、ブライダルに入るきっかけになったのは下北沢っていうところに昔住んでいて、下北沢の居酒屋でバイトしてたの。

さやかさん

その居酒屋に結局2年半くらいお世話になってサービスの楽しさややりがい学んだの、

さやかさん

そこで進路どうしようかなって考えてサービスマンになるにはどこに行けば良いんだろ?って考えた結果、

さやかさん

結婚式って非日常じゃんって思って。

さやかさん

新郎新婦のお手伝いをするわけなんだけれども新郎新婦の大切な人達が当日来る。

さやかさん

この人達を一人残らず喜ばしてあげられなければいけない。ウェディングプランナーという仕事は。これ最強なんじゃないかと思って。

しゅん

確かにそうですね。

さやかさん

で、ウェディングっていうサービス業の最高峰を目指すようになって、合格もらってウェディングプランナーになった。

しゅん

そういった経緯があったんですね!

インターンについて

しゅん

現在はブライダルのお仕事を休んで新陽高校でインターンとして教育に携わっていますよね。

さやかさん

そうね。

しゅん

どういった経緯でまた教育を学びたいという風に思ったんですか?

さやかさん

あのビリギャルっていう本が出たのが4年半前ぐらい。で、3年前くらいから徐々に講演会に呼ばれるようになってきて。

さやかさん

年間今ね90本くらい講演会やらしてもらってます。

さやかさん

色んな所に行かしてもらっていて、色んな学校に呼ばれることも多いんだけれども、

さやかさん

同じ話をしてるのに、全然生徒達、先生達の反応が違ったりするわけね。

さやかさん

なんでなんだろうなーって考え始めて。教育って環境で、環境って人なんじゃないか。

さやかさん

教育ってつまり、人なんじゃないかって思ったの

さやかさん

その人たちの考え方次第でそこに居る子供たちの人格や人生って変わって行ってしまうかもしれない。だとしたら、教育ってマジすげーなって思って。

さやかさん

だから、もっと私も勉強したいなって思って教育を勉強できる大学院とか探してたのね。

さやかさん

そしたら、ここの新陽高校のゆたかさん、校長先生に出会ったんだ。

インターン後の生活について

しゅん

インターンが終わった後は何をする予定なんですか?

さやかさん

そうだね。新陽高校で学んだことって本当に沢山やっぱあって、

さやかさん

私ってこういうところが全然ダメなんだな、とかね。

さやかさん

まあやっぱり特定の生徒達と毎日顔を合わせて。「おはよー」ってやるのすごく楽しくって。

さやかさん

だから、ここで学んだ事とか私が今インプットしまくっていることを

さやかさん

今度は全国の生徒達、そして先生達、教育者の皆さん、親御さん達に伝えていくメッセンジャーの役割が出来たらいいのかなっと思いつつ。

さやかさん

あとはあの、名古屋にね、うちの父や弟が飲食店経営してるからその飲食の会社も盛り上げていきたくて

さやかさん

これ飲食店での経営もこれ教育だと思っていて。

さやかさん

共通して言えることは、「あーあんなおもしれー大人いるんだなー」って下の世代が憧れてくれるような、

さやかさん

楽しそうだなって思ってくれるような大人の一人でありたいなって思ってます。

しゅん

さやかさんってワクワクしながら毎日生きてますよね!!

さやかさん

そう、ワクワクしないと死んじゃう。

学生の時にやればよかったこと

しゅん

学生の時にこれやればよかったなーみたいな後悔はありますか?

さやかさん

勉強。

しゅん

勉強。。。

さやかさん

大学の時にまた勉強しなくなっちゃったんだよね。だけど慶応のSFCって大本当に素晴らしい教授が沢山いたんだってことを今更知ったし。

さやかさん

あの、もっと色んなことに興味を持って、

さやかさん

暗記じゃなくて考えるっていう勉強を大学でもっともっとしていればよかったなって思ってる。

しゅん

勉強っていうのは、色んな分野ですか?教育であったり?

さやかさん

教育だけじゃなくて、お金の勉強とか、政治の勉強とかそれ以外の、思考の勉強とかいろんな事が勉強出来た所にいたのに特に何にもしなかったからね。

さやかさん

なんかもっとゼミとか入って何かを追求するとかね。そういうこともして、出来たらよかったのになって今思ってます。

さやかさん

勉強ってだから本当に暗記じゃないのよ

さやかさん

暗記ってもうなくていいから。スマホがあるから。検索できちゃうから。

さやかさん

暗記じゃなくって、大学ではとにかく人に会う事、色んな価値観触れること。

しゅん

なるほど。本とかは結構読まれますか?

さやかさん

今も読んでるよ、結構。

しゅん

おすすめとかありますか?

さやかさん

今ちょうど難しい本読んでるからそれはお勧めしないんだけど。私が感動したのは夢をかなえるゾウとか。

しゅん

良いですよね。僕も読みました。

さやかさん

あと、サービスを超える瞬間っていう高野登さんっていう方が書いた本なんだけど。これは私のサービス業の価値観を確立してくれたものかな。

さやかさん

あとはね、窓際のトットちゃんは絶対読んで欲しい。

しゅん

黒柳さんのですね。

しゅん

読んでみます。

最後に

しゅん

今日は貴重なお話ありがとうございました!

しゅん

今後の展望というか夢というかワクワクしてる様子というか、すごく知れたので一ファンとして凄いうれしかったです。

さやかさん

ありがとうございます!

しゅん

もっと詳しく見たい方は下のリンクからご覧ください!

動画で見たい方はこちら

YouTube